iPhoneのよくある故障と故障時の対応

iPhoneには様々な便利な機能がたくさんありますが、皆さんはiPhoneを完璧に使いこなせていますか?
長くiPhoneを使っている人でも、意外と完璧に使いこなせている人の方が少ないと思います。

人それぞれiPhoneの使い方や使用頻度、そして目的は全然違いますが、皆さんが普段たくさん使うであろう機能について紹介するほうが参考にしてもらえる事が多いと思いますので、普段皆さんが良く使うであろう便利機能を勝手にですが予想させて書かせてもらいます。参考にできる内容があればぜひ参考にして頂き、なければそのままスルーしちゃってください(笑)出来る限りお役に立てそうな事を書いて行きたいと思います。

iPhoneのホームボタンを壊さないために

iPhoneに限らずホームボタンの部品はどのスマホ端末を使っていても頻繁に使うことなので、、それだけ使用頻度が高ければ壊れてジャンク品になってしまう可能性も高くなってしまうのは仕方のない事です。予防していても壊れてしまう事はありますし、全く予測できずに壊れてしまう事もあります。水没や画面割れでホームボタンに影響が出てしまう事もあります。なるべく壊れないのが一番いいですが、万が一壊れてしまった場合の対応として活躍するのが「AssistiveTouch」と言う機能になります。

「AssistiveTouch」

この機能は設定のアクセシビリティと言う項目から設定する事が出来ます。
使っている方はどの程度いるかわかりませんが、今はまだ使ってない人もこの機能の便利さが分かれば使ってくれると思います。「AssistiveTouch」は項目を設定する事が出来ます。それの設定によってはマナーモードのスイッチにすることが出来たり、そのボタン1つでスクリーンショット専用のボタンにすることが出来たり、電源ボタンの代わりに出来たりします。とっても便利なボタンとなるんです。項目は複数あり、その項目を自分仕様にカスタマイズする事も出来るので是非、皆さんも使ってみてはいかがでしょうか?

iPhoneのホームボタンが壊れてしまったら

iPhoneはGalaxyなど他のアンドロイド版のスマホ端末よりホームボタンをどうしても酷使してしまう仕様になっています。そのため、iPhone修理でもホームボタンの効きが悪いという依頼がとても多いようです。ホームボタンが反応しなくなってしまった端末は、正常品ではなくジャンク品として扱われるため、機種変更時の下取りでも買取を断られることや安い査定金額になってしまいます。

壊れたiPhoneでも買取が可能

もし機種変更を考えているのであれば、今使っているiPhoneを修理をして高く買い取ってもらうか、もしくはジャンク品でも高額査定をしてくれるiPhoneジャンク買取を専門にしているお店に買取してもらうのがいいでしょう。まずは修理屋さんと買取屋さんに見積もりをしてもらって、修理をしてから中古端末として買取してもらうのがいいか、そのままジャンク品として買取してもらうのがいいかを見極めるのが一番賢いやり方になります。